ヒラリー・クリントン観察日記

2016年大統領選の「ヒラリー・クリントン観察日記」に引き続き、何かを観察してみます。

ヒラリーvsトランプ第2回討論会チェック【6】 総論

f:id:caocao323:20161010120828p:plain

A whole new world~♪


       Don't you dare close your eyes~♪

          

 今回の討論会を見て、なんだかどうでもよくなりました(笑)。

以前民主党大会のヒラリーのスピーチを聞いた感想を書きましたが、

ヒラリー☆大統領候補指名受諾演説 vol.3 - ヒラリー・クリントン観察日記*2016大統領選

その時にも、思ったヒラリーとトランプのステージが圧倒的に違うことを

今回も痛切に感じました。

 

本日の討論会の最初はヒラリーも、仕切りのアンダーソンクーパーも、

「この人相手にするの、もう、やってらんない」感がいっぱいだった。

一国の大統領を決めるのに、

また女性蔑視問題から始めないといけないのかって。

 

ヒラリーは今までの実績とこれからの政策を具体的に語る。

しかし例えばトランプは「保険会社同志を競わせるプランがある」とだけ。

そのプランの内容は言わない。

プランがある場合も、そのプランは矛盾だらけ。

ヒラリーは、「その矛盾をうちの公式サイトでチェックしているから」という。

だけど、そのヒラリーの正論に世間はうんざりしている。

じゃあ、もうどうすりゃいいのよっていうね(笑)

 

これでトランプが勝つんだったら、

もう、お手上げだと思いました。 ┐(´Д`)┌

 

前回のディベート、世論では62%がヒラリーの勝ちと判断。

にも関わらず翌日のネブラスカの支持率は、

ヒラリーvsトランプで、29 vs 56.

これには心の底から驚きました。

 

パックンが前回の討論会についてラジオでこう言ってました。

「ヒラリーの討論は100点満点だった。

だけど、トランプに勝つためには

100点ではまだ足りない」と。

パックンさん、一言でよく言ってくださいました。

本当にその通りだと思います。

今回、特にそう確信いたしました。

かしこ。