ヒラリー・クリントン観察日記

2016年大統領選の「ヒラリー・クリントン観察日記」に引き続き、何かを観察してみます。

【ヒラリー最新ニュース】大統領選再集計の運動。言い出したのは第三勢力でヒラリー陣営ではありません。【誤解なきよう】

大統領選でトランプが僅差で制した激戦州・

スイングステイツを再集計するぞ!と運動が始まっているようです。

これでまた、「ヒラリーが納得できずに再集計を要請!政治に混乱を」

なんて話がまことしやかに独り歩きすることを恐れます。

 


以下の点、ご注意くださーーーい。

●ヒラリー陣営は、いまさら結果が覆ることはないとみている。(泣ける)

●スイングステイツの集計で外部干渉はすでにチェック済みでその可能性はないと判断している。(仕事できるわ)

●再集計することで無用な期待を抱かせたくないと思っている。(もうこれ以上傷つきたくない。わかる)

●再集計を言い出したのは、第三勢力「緑の党」のスタイン氏たち

●ヒラリー陣営が参加するのは、その再集計の場で不正が行われないかを監視するため。(それ大事)

 

→最後の項目については、「公平なやり方だったかを確認したい」という報道もあり、本選のことか、再集計のことかわからなくなりました。追って確認します。m(_ _)m

 

→(追記)このニュアンスの違い。????なので、次に記事をUPします!

 

以上が弁護士さんの公式発表です。

 

 そして、下記が再集計の運動を聞いたトランプのコメント

これも、以下の点、ご注意くださーーーい。

●トランプのコメントを引用

「これは、すでに敗者が敗北を認めている選挙についてのペテン話だ。この選挙結果は尊重されるべきであって、異議申し立てやののしりを受けるべきではないのに、ジル・スタインはまさにそれをやっている」

 

●珍しいことにドナルド、この再集計の言い出しっぺが

スタイン氏であることをちゃんと認識しています。

 

しかし、ここ。

「この選挙結果は尊重されるべきであって、

異議申し立てやののしりを受けるべきではない」

 

ドナルド おまゆう。

 

第3回目の討論会で、

「選挙結果がどうなっても受け入れるか」と質問されたドナルドは、

「選挙結果を必ずしも受け入れられるとは約束できない」と言いました。

ものすっごい「むっ!」とした顔で言いました。

そのうえでヒラリーに、

「今いっとく。ずっとお前をハラハラさせてやるからな!」と

啖呵を切っていました。ってか、脅し?

*自分が負けてお前が大統領になったとしても、メール問題やクリントンキャッシュのことで、

ずっと外野からガヤいれてやるぜ!ってことだと思われます。

 

こんなあなただから、

再集計で自分に不利な結果がでたら(でないと思うけど)

言い出しっぺはヒラリーだって、平気でツイートする気がして

ミドリーは心配です。

 

ご縁あってこのブログを読んでくださった方だけでも

今後、どうぞ誤解なきようお願い申し上げます。

 

●今日のお役立ち英語フレーズ

I will keep you in suspense!

おまえをずっとハラハラさせてやるぜ!