ヒラリー・クリントン観察日記

2016年大統領選の「ヒラリー・クリントン観察日記」に引き続き、何かを観察してみます。

【ヒラリーニュース】大統領選後初、公式インタビューを受けたヒラリー。「10月27日に選挙があれば、あなたたちの大統領になれていた」。ノー!ヒラリー!気持ちはわかるけど…。

ミドリーが寝ている間に、ヒラリーが大統領選後初めて

公式インタビューに応じたようです~。



●元記事はこちら

finance.yahoo.com

 

●yahoo Japanの記事はこちら

「私が米大統領だった」=メール捜査公表なければ―クリントン氏 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 

このヘアスタイルは約6万円でNYのセレブ御用達サロンのジョン・バレット氏にセットしていただいたに違いないわ!

 

さて、ヒラリーはやはりFBIのコーミー長官とロシアの介入を

一生ゆるせへん!と決めているのかしらん。

わかります。わかるよ、ヒラリー!

痛いほどわかるけど…。

 

確かにコーミー発言後に接戦州の支持率がワンポイント落ちたらしいけど。

ミドリー僭越ながら、そして心を鬼にして言わせていただくと。

コミー発言がなかったら、総得票数はさらにアップしたと思うけれど、

選挙人獲得数ももう少し取れたと思うけれど。

結局はドナルドだったと思うのですよ。

 (これについては、大統領選ひとり反省会に詳しく)

 

 

あ~あ、でもな~、ヒラリーはコーミーやロシアのせいにしていいと思う。

そうじゃないとやってらんないもん。

 

政権発足100日というのに、ドナルド政権はまだまだ機能していない。議会運営はどうなってんのよ!主要ポストの人事さえまだって、なんですと!?

と、真面目に考えればムカつくなんて言葉は甘く、腸煮えくり返るほどでしょう。

 

そこはヒラリー、ナマステの精神で乗り切って!

そして、女性と子供のために、思う存分手腕を発揮するのがいいと思います!

あ~いつになく熱弁をふるってしまった。

 

 

 

●ヒラリーのヘアセット代については、こちら。


 

●アメリカ大統領選ひとり反省会については、こちら


 

●ヒラリーのナマステについては、こちら