ヒラリー・クリントン観察日記

2016年大統領選の「ヒラリー・クリントン観察日記」に引き続き、何かを観察してみます。

【ヒラリー敗北宣言】 語りかけた「小さな女の子」はヒラリー自身だと考えると、また涙が 【4】

ヒラリー敗北宣言について、苦節8年の日々を振り返ると

思いが大きくなりすぎて、

なんと書いていいかちっとも筆がすすまないミドリー。

こんなの初めて。

そこで、いろいろなブログにお邪魔しました。

そこに書かれている和訳や感想に、また、涙。

 

そして、「ああ、これだ!」と

ウルウルMAXになったのが、こちらのブログです。

ぜひ、紹介させてくださいませ。

 

tarareba722.hatenablog.com

 

こちらのブログには、和訳の際に参考にされているブログもリンクされていたので、

そちらもとっても参考になりました。ありがとうございます!!

 

ミドリーが「ああ!これ!」と思ったのは、

>何よりもヒラリー・クリントン自身に語りかけているような言葉で、

>あぁきっと彼女はこれまでの人生で何度も、

>傷つき疲れ果ててうずくまる心の中の少女(自分自身)に、こうやって語りかけてきたんだなぁ、

 

そうなんです!そうなんです!

この視点こそが、ミドリーのウルウルの理由、

それを表現できなくてモヤモヤしていました。

 

そうなんだ、

ヒラリーが、いつも「Little Gilrs」と話しかけていたのは

自分自身でもあったんだなぁ。

NASAに手紙を出した、ヒラリー自身なんだなぁ。

 

そう思って読むと、また涙が・・・

NASAのエピソードはこちらです。ああ、本当にそうだわ!

 

caocao323.hatenablog.com