ヒラリー・クリントン観察日記

2016年大統領選の「ヒラリー・クリントン観察日記」に引き続き、何かを観察してみます。

オクトーバーサプライズ ☆ FBI再捜査

f:id:caocao323:20161031170042j:plain

すごいとこ撮ったった!

              Florida, U.S. October 29, 2016. REUTERS/Brian Snyder

 

 

さてさて、オクトーバーサプライズは、ヒラリーの私用メール問題でしたのね!

もー、またドナルドが喜んじゃったよ。

 

f:id:caocao323:20161031171538j:plain

いやっほ~い!

 

パックン氏の日曜討論の言葉を参考にして表現するなら、

 

ヒラリーには、黒い噂がずっとずっとずっ~とあって

何度も何度も捜査されてきたけど

黒だったことは・・・・1度もないんですよ。

 

*注1ヒラリーが聖人君子だと言ってるわけではないです

*注2それを癒着だの陰謀だの言われたら話終わります(笑)

 

私用メール問題も、一度カタがついていたわけです。

 

下記のニュース2本がわかりやすいと思うので、時間があったら読んでみてくださーい。時間がない方のために、ざっと説明いたしますと・・・・

 

騒動の発端は、FBIコミー長官が、議会へ送った書簡。

内容は、ヒラリーの側近の元旦那さん(元下院議員)と未成年者との、わいせつなメールの捜査中に、「ヒラリーの私用メール問題に、関連するかもしれないメールがあるかもしれないから、再捜査します」というもの。

ヒラリーもトランプも、双方の陣営も

「すべて公開しろ!」

と言っているのが興味深いですね。

ヒラリーがこう言い切れること自体が、「白」を確信している証だと思うのですが、トランプサイドは祭りでしょうね。いやっほ~い!

 

ヒラリーサイドとしては、「ヒラリーやっぱ信用できねえ、yo!」という噂がこの時期に独り歩きすることを何よりも恐れていることでしょう。

はー、心中お察し申し上げます。

 


 

さて、さらに面白い記事がこちら。

アメリカ司法省のリンチ司法長官は、「未確認な情報が進行中である」ことをFBI長官が発表するなんて「マニュアルに違反してるし」と、おこ気味。

FBIのコミー長官も一連の流れから、メール問題に関して何か新しい展開があれば、議会に報告しないといけないことになっていたみたいで、まあ、言わざるをえなかった的な?

ってゆうか、この時期にこういうことを言うなら、「かもしれない」なんて条件付きの言い回しするなんて「ずるくない?」って、法律の専門家がゆってるんだけどぉって感じ。

 

 

なんにしても、

はっきりカタをつけてよ!

スイングステートのフロリダで、

ドナルドの支持率がヒラリーたんを上回ったっていうし。

 

やってられないわ。

 

f:id:caocao323:20161031173854j:plain

結局、百恵ちゃんを出したかっただけという・・・

昭和の女・ミドリーでした。

かしこ。