読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒラリー・クリントン観察日記

2016年大統領選の「ヒラリー・クリントン観察日記」に引き続き、何かを観察してみます。

【2016大統領選】 お洒落なヒラリー 【ファッション】

f:id:caocao323:20160421175414p:plain

ヒラリー、原色に負けない顔立ちなんだね。

 

さて、2016年予備選でのヒラリーの服を少しだけど並べてみるよ。

f:id:caocao323:20160421181141j:plain

 ↑ 2015年10月 ラスベガスのディベート

ノーカラーの紺色ジャケット、白のラインが敬虔な印象。ヒラリーの宗教心を表している気がしてミドリー的には押しているコーディネート。

場所はラスベガスだけどディベート(テレビ討論会)で全米に中継されるから、予備選のスタートを意識して控えめにしたのかな。

 

f:id:caocao323:20160421181745j:plain

 ↑ 2015年10月 アイオワ

2016年2月1日のアイオワ初戦に向けて、現地ではやっぱりハデハデってことかな?

ヒラリー定番のジャケットのようなコートのような(ロングジャケットと以下表記)コレは近くで見るとジャージ素材ではないかと。フットワーク軽くいきたいから伸縮性にも留意か。確かに群衆を掻き分け歩くには目立つという点と、セキュリティの問題で原色が〇なのかも。

いつもヒラリーが会場入りする前に4人ほどが先に入り会場を一睨み。会場入りの際にはさらに6人ほどボディガードがいつもお伴している感じです。

 

f:id:caocao323:20160421165647j:plain

 ↑ 2016年2月ミルウォーキーディベート

立ち襟や首周りのカットも美しいんだけど、ちょっとヒラリー、マジシャン的。

BGMはミスターマリックをおすすめしたい。

 

f:id:caocao323:20160421182010j:plain

 ↑ 2016年2月 場所はてな

ヒラリーは白色が似合う。そして意外とデコラティブがお好きなような。

同じ白色でも後ほど登場するスーツの方がシャープで素敵だと思うなぁ。

 

f:id:caocao323:20160421182109j:plain

 ↑ 2016年3月12日 セントルイス

今回の発見!このロングジャケット、ニューヨークが初お目見えかと思っていたら、セントルイスで着ていたのね。アフリカ系アメリカ人とヒラリーのいろいろがまた興味深いのですが、最近は関係を再構築できたようで、3月15日の予備選ではヒラリー勝利。このファッショナブルな装いも、「よう!ブラザー!」的な意味合いだったのか。

 

f:id:caocao323:20160421182212j:plain

 ↑ 2016年3月21日 アリゾナ

クラシカルな襟元と渋めの赤色がシビラみたいで素敵☆ だけど、ちょっと可愛すぎるかもしれない。と、ヒラリーのお洒落チェックで自らを省みるミドリーであった。

 

f:id:caocao323:20160421182413j:plain

 ↑ 2016年4月18日 ニューヨーク

やっぱり、ニューヨークに入るとメイクが違うわ~。そしてこういうシャープな感じがヒラリーほんとにお似合いよ。セーターの襟ぐりとネックレスの長さもバッチリ合っているし。言うことなしよ!

 

f:id:caocao323:20160421182454j:plain

 ↑ 2016年4月19日 ニューヨークでの投票

と、思ったら(笑)。ミドリー、この映像をTVで観ておったまげたわ! 誰かスポンサーからの贈り物かしら。一度は着ないことには許されない的な。

そして、この写真、ヴォーグのライターが取り上げていて「誰がヒラリーのデザイナー(なわけ)?」ってちょっと、おこ的なこと書いてた。

だが、しかし。

写真右下に覗いている選挙スタッフの手元を見たら、案外、ニューヨークにも大阪のおばちゃん的なファッションははびこっているのかも!

 

f:id:caocao323:20160420114833j:plain

 ↑ 2016年4月19日 ニューヨーク

最後に先日もお伝えしたこの写真。勝利スピーチに向かう・・・というより・・・

ヒゲダンスの最初のステップを踏み出そうとするヒラリーである。

ファッション的には「モアレ大丈夫かぁ~?」と言いたい。