ヒラリー・クリントン観察日記

2016年大統領選の「ヒラリー・クリントン観察日記」に引き続き、何かを観察してみます。

アイオワ州☆ギリギリ勝利

f:id:caocao323:20160202193058j:plain

ダルマに目を入れる代わりに、唇を薄めに塗ってお祝いしました。

 

アイオワ州といえば、蘇る8年前の悲劇。

ダークホースオバマにヒラリーまさかの敗戦。

オバマの快進撃はそこから始まったんだよなー。ヒラリーの鬼門だねぇ。

そして今回、99%開票の時点でヒラリー49.9%、サンダース49.6%。

この時点でヒラリー陣営勝利宣言。

 

セーフ、ギリギリ、セーフ。 ε-(´∀`; ) 

 

実はミドリー、ヒラリーの代わりに覚悟はしておりました。(気分は「あさが来た」の友近

共和党はトランプでかなりガス抜きできていたから、

民主党の超左派の皆様もここらでしばらくガス抜きが必要であろうと。

9日のニューハンプシャー州は捨ててます。いいんです!

 

それより気になるのは、ブルームバーグの出馬検討とマルコ・ルビオの躍進。

資金力」と「若さ」はヒラリーの脅威になるのでは!とミドリードキドキ。

 

大統領選では、主婦層が眠りにつく前に思い出す候補が勝つと言われています。

ケネディーvsニクソン クリントンvsケリー(予備選)・・・ね!

ルビオはミドリーの目から見るとイケメンではないけれど、

アメリカの女性たちが言うところの「彼ってキュート♡」の基準が

良くわからないからやっぱり脅威。油断なりませぬ。

 

とにかく、初戦を勝ち逃げできたことは、よかった。よかった。