ヒラリー・クリントン観察日記

2016年大統領選の「ヒラリー・クリントン観察日記」に引き続き、何かを観察してみます。

ルージュの伝言

 

f:id:caocao323:20151007174725j:plain

どーもすみませんでしたっ!

 

ミドリーがヒラリーチェックを怠っている間、ヒラリーの個人e-mail問題はまだまだ続いているようです。少し前には「ソーリー」なんて謝ったみたいだけど。

この画像(↓)をみてミドリー、モヤモヤ。

やはり、この問題はいつか書かねばと思っていたけど、いまがそのときか・・・。

 

f:id:caocao323:20151007175029j:plain

この謝罪の画像を見たとき、響の「どーもすみませんでしたっ!」が頭をよぎったもんね。服の色だって日本の作法からすると「謝罪のときの色じゃないよね」と日米文化の違いに興味がわいたりしたけど、私のモヤモヤはそこではなく・・・・

 

ヒラリーのく・ち・び・る!

薄すぎ~!!!

 

ハリウッド女優や一般人がこぞって唇をパンパンにしている中で、ヒラリーのこの唇の薄さがめっちゃ気になる!

本当にどうでもいいことだけど、気になる。ずっと気になってた。たぶん1年半ほど。他に考えることあるだろうって思いながら気になってた!

 

とくに下唇。2ミリは内側にライン引いてるよね。ほんとどうでもいいけど。

 

あれかな、知性のかたまりスマート代表のヒラリーとしては、唇ぷるんぷるん=セクシーなおバカちゃん的な何かがあるのかしら。(は!モニカ・ルインスキー・・・)

それとも唇が大きかったら「ビッグマウス!」みたいに悪い噂がたつのかしら。

 

2012年も!

f:id:caocao323:20151007180301j:plain

2013年も!

f:id:caocao323:20151007180204j:plain

2015年も!

f:id:caocao323:20151007180336j:plain

オレンジ系のときは、まあ、良しとしよう。そこまで目立たないから。でも、真っ赤なときにこれは!?特に謝罪会見。唇が気になって仕方がない。って、それである意味目くらまし?

 

追加でさらにどうでもいい情報を言うとね、ヒラリーの上唇、直線の時があります。ほんとどうでもいいけど(2回目)

 

f:id:caocao323:20151007183105j:plain

上唇の山を描いてない。これは作為的としか思えない! どうでもいいけど。

 

しかし・・・・ヒラリーのリップ、誰がひいてるんだろう。

ヒラリーが上院議員時代、TIMEの表紙を飾ったときには、NY在住のメイクアップアーティスト吉川康雄氏が担当し、それから何度か声がかかったと記事で発見。

素顔の美しさが引き出されたのが気に入られたみたいだけど。常任じゃない。

 

はやり、大統領選で各地を駆け巡り、スピーチしまくるときには、素顔なんていってられなくて遠目にもわかるようなメイクがあるんだろうな。

椿鬼奴は、ルミネtheよしもとの一番後ろから見た人に、キャサリン・ゼタ・ジョーンズと認識してもらえるようなメイクにしたって、ばあちゃんが言ってたし。

 

f:id:caocao323:20151007181831p:plain

 

こういうの研究して、

選挙専門のメイクアップアーティストを目指すって人生もよかったなぁ。